お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-14 15:20
VRを用いた心理影響増進手法と催眠感受性の関連について
山口征浩北大)・長谷川明弘東洋英和)・松村雅代BiPSEE)・島田 光光恵会)・荒木健治北大
抄録 (和) 我々の先行研究により,ヴァーチャルリアリティ(以下,VR)デバイスを利用し,仮想空間内の仮想カメラの視野角を極端に小さくした環境が,画像・映像提示時の被験者への心理的影響を大きくすることが示されている.(以下,本画像・映像提示手法を仮想Telescope screenメソッドと呼ぶ).本研究においては,仮想Telescope screenメソッドを用いた被験者ごとの心理影響の度合いが,被験者の催眠感受性と相関があるかを調査した.被験者の催眠感受性の計測には,スタンフォード催眠感受性スケールの日本語版(斎藤,2004)を用い0から12の13段階で評価した.コールドプレッサーテストによる痛み耐性の変化を心理影響の指標として測定し,催眠感受性の得点との相関係数を算出した.相関値は 0.344となり弱い相関を認めた. 
(英) Our previous research shows that extremely small field of view of virtual camera enhances psychological responses with VR devices (Virtual telescope screen method). In this study, we carried out an experiment to the relationship between psychological enhancement of the virtual telescope screen method and hypnotic susceptibility. Translated version of Stanford hypnotic susceptibility scale was used to evaluate hypnotic susceptibility in 13 scales. Change of pain tolerance in cold pressor test was used as an indicator of psychological enhancement. Calculated value of the correlation coefficient was 0.344 and shows weak correlation.
キーワード (和) VR / 心理影響 / 催眠感受性 / / / / /  
(英) VR / psychological effect / hypnotic susceptibility / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, pp. 15-18, 2018年12月.
資料番号  
発行日 2018-12-07 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI VRPSY  
開催期間 2018-12-14 - 2018-12-15 
開催地(和) 北九州市立大学 小倉サテライトキャンパス 
開催地(英) Kokura Campus, Univ. Kitakyushu 
テーマ(和) 視聴覚の基礎と応用、VR心理学、感性情報処理、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VRPSY 
会議コード 2018-12-HI-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VRを用いた心理影響増進手法と催眠感受性の関連について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationship between VR psychological enhancement method and hypnotic susceptibility 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VR / VR  
キーワード(2)(和/英) 心理影響 / psychological effect  
キーワード(3)(和/英) 催眠感受性 / hypnotic susceptibility  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 征浩 / Masahiro Yamaguchi / ヤマグチ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 明弘 / Akihiro Hasegawa / アキヒロ ハセガワ
第2著者 所属(和/英) 東洋英和女学院大学 (略称: 東洋英和)
Toyo Eiwa University (略称: Toyo Eiwa Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 雅代 / Masayo Matsumura / マサヨ マツムラ
第3著者 所属(和/英) 株式会社BiPSEE (略称: BiPSEE)
BiPSEE Inc., (略称: BiPSEE)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 光 / Hikari Shimada / シマダ ヒカリ
第4著者 所属(和/英) 医療法人光恵会 (略称: 光恵会)
Medical Corporation Iryouhoujin Koukeikai (略称: Koukeikai)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 健治 / Kenji Araki / アラキ ケンジ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-14 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VRPSY 
資料番号 HI2018-64 
巻番号(vol) 42 
号番号(no) no.43 
ページ範囲 pp.15-18 
ページ数
発行日 2018-12-07 (HI) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会