お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-21 13:15
複数のアンテナ素子を持つ無線LANルータ近傍の頭部内SAR評価
西野宏佑齊藤一幸千葉大)・長岡智明渡辺聡一NICT)・高橋応明千葉大
抄録 (和) 近年の著しい情報化に伴い,無線通信機器の普及が進んでおり,人体が電磁波にさらされる機会が増大している.無線端末の電磁波ばく露による影響については,これまでに世界中の様々な研究機関によって評価されている.しかし,近年登場した技術に対応した最新の無線LAN(Local Area Network)ルータからの電磁波ばく露による人体への影響を評価した例はほとんど報告されていない.そこで本研究では,複数の素子を持つ無線LANルータと数値人体モデルを用いた数値シミュレーションにより,無線LANルータ近接時における人体内SAR (比吸収率:Specific Absorption Rate)を評価する.本稿では,無線LANルータの設置状況より頭部に近接した場合を想定し,高精細人体モデル頭部内のSARを算出し,評価を行った.その際,IEEE 802.11acにて対応しているビームフォーミング機能を考慮して,ビーム方向を制御された場合も着目した.その結果,ビームフォーミング機能によりビーム方向が制御されている場合に,制御していない場合と比べてSARが高値となる場合があることを確認した.また解析の結果得られた局所10 g平均SARは,全ての場合においてICNIRP(国際非電離放射線防護委員会:International Commission on Non-Ionizing Radiation Protection)のガイドラインに定められた指針値を下回ることを確認した. 
(英) Along with the remarkable information conversion in recent years, the spread of wireless communication devices has progressed, and opportunities to expose the human body to electromagnetic waves are increasing. The biological effects of electromagnetic waves on wireless devices have been evaluated by various research institutes around the world. However, few examples of evaluating biological effects due to electromagnetic wave exposure by wireless LAN (Local Area Network) routers have been reported. Therefore, in this study, we evaluate the SAR (Specific Absorption Rate) in the human body close to the wireless LAN router by numerical simulation using a numerical human body model and numerical wireless LAN router model . In this paper, the SAR in the High-resolution numerical human head model was calculated and evaluated when the beam direction was controlled with the beam forming function. As a result, SAR becomes higher than the case that beam is not controlled, when the beam direction is controlled. In addition, all of the peak values of local 10 g average SAR obtained as the analyses were lower than the value provided by International Commission on Non-Ionizing Radiation Protection (ICNIRP) guidelines.
キーワード (和) 無線LANルータ / SAR / FDTD法 / / / / /  
(英) Wireless LAN router / SAR / FDTD / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 6, BCT2019-23, pp. 1-4, 2019年2月.
資料番号 BCT2019-23 
発行日 2019-02-14 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2019-02-21 - 2019-02-22 
開催地(和) かんぽの宿 焼津 
開催地(英) Kanponoyado Yaizu 
テーマ(和) 学生・若手発表および一般 
テーマ(英) Students and Young Researcher Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2019-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数のアンテナ素子を持つ無線LANルータ近傍の頭部内SAR評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) SAR Evaluations in the head close to wireless LAN router with multiple antennas 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LANルータ / Wireless LAN router  
キーワード(2)(和/英) SAR / SAR  
キーワード(3)(和/英) FDTD法 / FDTD  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 宏佑 / Kosuke Nishino / ニシノ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 一幸 / Kazuyuki Saito / サイトウ カズユキ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長岡 智明 / Tomoaki Nagaoka / ナガオカ トモアキ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 聡一 / Soichi Watanabe / ワタナベ ソウイチ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 応明 / Masaharu Takahashi /
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-21 13:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2019-23 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2019-02-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会