お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-21 16:35
ダイバー間のハンズフリーな会話を目指した可視光通信システムの検討
兼平真央根岸正文前田幹夫工学院大
抄録 (和) 可視光LEDを用いてハンズフリーなダイバー間の会話を可能とするシステムを提案する。自動光対向機能を備えた光トランシーバモジュールを、ダイバーのかぶるヘルメット上に2台両面で設置する。球形の光中継器の表面にも片面のモジュールを多数設置することでダイバーが移動しても受光面を光中継器へ向けるようにすることができる。複数のダイバーが光中継器を介して会話を行う際に、ダイバーに個別のチャンネルを割り当てて通信を行うことで自動光対向機能が満足に働くことと十分な品質の音声通信ができることを確認した。 
(英) We propose an underwater visible LED light communication system that enables divers to make a hands-free
conversation. Two optical transceivers attached to a diver’s helmet can emit light in front and back directions, respectively. Such a site diversity helps to improve its transmission quality and to reduce the range of angles necessary to control the motors.
By assigning the optical transceivers on the surface of the optical repeater equally to divers, and demodulating by heterodyne technique, we mode it cleared that plural divers can communicate simultaneously via the optical repeater.
キーワード (和) 水中伝送 / 可視光通信 / 追尾機能 / / / / /  
(英) underwater transmission / visible light communication / optical tracking / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 6, BCT2019-32, pp. 37-40, 2019年2月.
資料番号 BCT2019-32 
発行日 2019-02-14 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2019-02-21 - 2019-02-22 
開催地(和) かんぽの宿 焼津 
開催地(英) Kanponoyado Yaizu 
テーマ(和) 学生・若手発表および一般 
テーマ(英) Students and Young Researcher Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2019-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ダイバー間のハンズフリーな会話を目指した可視光通信システムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on visible light communication system aiming for hands-free conversation between divers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 水中伝送 / underwater transmission  
キーワード(2)(和/英) 可視光通信 / visible light communication  
キーワード(3)(和/英) 追尾機能 / optical tracking  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 兼平 真央 / Mao Kanehira / カネヒラ マオ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 根岸 正文 / Masafumi Negishi / ネギシ マサフミ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 幹夫 / Mikio Maeda / マエダ ミキオ
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-21 16:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2019-32 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2019-02-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会