お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-22 09:25
家庭におけるテレビ観視状況の分析
八木伸行東京都市大)・伊藤泰宏藤澤秀一NHKエンジニアリングシステム
抄録 (和) 家庭におけるテレビの観視距離と,その周辺条件についての調査を行った.アンケート調査をベースにしつつも,調査法を工夫することで,信頼性の高い多くのデータを,実地調査よりも,かなり安いコストと短い期間で収集できた.収集したデータを分析した結果,相対観視距離は,以前より1H(画面高)近く短い5H程度になっていることが分かった.テレビを設置している部屋の大きさが変わっていないにもかかわらず,家庭のテレビが大型化している影響が大きい.また,テレビを専念して視聴している場合やインタラクティブサービスを利用している場合は,観視距離が短いことも明らかになった. 
(英) The TV viewing distance at home is analyzed with its surrounding conditions. Although it was based on questionnaire survey, it was possible to collect a lot of highly reliable data at a considerably cheaper cost and a shorter period than the field survey by devising the method. As a result, the relative viewing distance is around 5H (screen height) which is near 1H shorter than before. It is because TV size at home is becoming bigger despite that the room size has not changed. Also, the viewing distance is closer than the average if TV viewing is concentrated consciously or the interactive services are frequently used.
キーワード (和) テレビ視聴 / 家庭 / 観視距離 / 画面サイズ / 調査法 / 番組制作手法 / /  
(英) TV viewing / home / viewing distance / screen size / research method / program production technique / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 6, BCT2019-35, pp. 49-52, 2019年2月.
資料番号 BCT2019-35 
発行日 2019-02-14 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2019-02-21 - 2019-02-22 
開催地(和) かんぽの宿 焼津 
開催地(英) Kanponoyado Yaizu 
テーマ(和) 学生・若手発表および一般 
テーマ(英) Students and Young Researcher Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2019-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 家庭におけるテレビ観視状況の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of TV Viewing Conditions at Home 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テレビ視聴 / TV viewing  
キーワード(2)(和/英) 家庭 / home  
キーワード(3)(和/英) 観視距離 / viewing distance  
キーワード(4)(和/英) 画面サイズ / screen size  
キーワード(5)(和/英) 調査法 / research method  
キーワード(6)(和/英) 番組制作手法 / program production technique  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 伸行 / Nobuyuki Yagi / ヤギ ノブユキ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: TCU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 泰宏 / Yasuhiro Itou / イトウ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングシステム (略称: NHKエンジニアリングシステム)
NHK Engineering System (略称: NES)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤澤 秀一 / Shuichi Fujisawa / フジサワ シュウイチ
第3著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングシステム (略称: NHKエンジニアリングシステム)
NHK Engineering System (略称: NES)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-22 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2019-35 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2019-02-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会