お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-31 15:45
地上テレビジョン放送高度化方式の伝送特性評価 ~ 移動受信特性の評価 ~
宮坂宏明竹内知明岡野正寛土田健一NHK
抄録 (和) 地上波による 4K・ 8K等の放送サービスを実現するため, 筆者らは 地上 テレビジョン放送高度化方式(以下,高度化方式)の 研究開発 を進めている.高度化方式は, ISDB-Tの特徴である 移動受信向けサービスと固定受信向けサービスを同時に提供できる 階層伝送 を 可能 とする セグメント構造を継承 している また 新しい信号構造により伝送容量の増加と柔軟性の向上を図っている 今回,高度化方式の 移動受信特性を計算機シミュレーションにより評価した.伝送効率が優れるキャリア変調方式とLDPC符号化率の組合せを選択することで,ISDB-Tより 所要 CN比 が 3 dB以上 良好となる こと を確認した また 伝送効率が優れるキャリア変調方式とLDPC符号化率の組合せは,野外実験でも 同じ傾向 と なることが確認できた. 
(英) We are conducting research on an advanced digital terrestrial broadcasting system (advanced system) to realize 4K 8K broadcasting services by terrestrial broadcasting. An advanced ISDB-T inherits segmented structure of ISDB-T that enables hierarchical transmission. Therefore, an advanced ISDB-T can provide services for mobile reception and fixed reception within one channel simultaneously. In addition, a new signal frame structure was applied to increase transmission capacity and flexibility. This paper describes mobile reception performance of an advanced ISDB-T by computer simulation. By selecting the optimal combination of carrier modulation and LDPC coding rate, required C/N is better than 3 dB by ISDB-T. The optimal combination of carrier modulation and LDPC coding rate is similar trend for the computer simulation and field trials.
キーワード (和) 地上テレビジョン放送高度化方式 / 移動受信 / 野外実験 / 伝送特性 / / / /  
(英) an advanced ISDB-T / mobile reception / field trial / transmission performance / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 16, BCT2020-58, pp. 37-40, 2020年7月.
資料番号 BCT2020-58 
発行日 2020-07-24 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2020-07-31 - 2020-07-31 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 放送現業、送受信、番組制作、送出および一般 
テーマ(英) Broadcast Operating, Transmission & Reception, Program creation, Broadcast master control , etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2020-07-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地上テレビジョン放送高度化方式の伝送特性評価 
サブタイトル(和) 移動受信特性の評価 
タイトル(英) Transmission Performance Evaluation of an Advanced ISDB-T 
サブタイトル(英) Evaluation of Mobile Reception 
キーワード(1)(和/英) 地上テレビジョン放送高度化方式 / an advanced ISDB-T  
キーワード(2)(和/英) 移動受信 / mobile reception  
キーワード(3)(和/英) 野外実験 / field trial  
キーワード(4)(和/英) 伝送特性 / transmission performance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮坂 宏明 / Hiroaki Miyasaka / ミヤサカ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 知明 / Tomoaki Takeuchi / タケウチ トモアキ
第2著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 正寛 / Masahiro Okano / オカノ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 土田 健一 / Kenichi Tsuchida / ツチダ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-07-31 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2020-58 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.16 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2020-07-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会