お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-27 11:15
刺激の物体的な意味がベクションに及ぼす効果についての検討
姜 莫憂妹尾武治レメイン ジェラード バスチアン九大)・中村信次日本福祉大
抄録 (和) 視覚誘導性自己運動感覚(ベクション)とは、実際には静止している人間が、視覚情報によって移動しているような知覚の現象である。ベクションが多安定知覚の一種として、「物体運動知覚」と「環境移動知覚」との間に、繰り返してスイッチできると考えられる。また、教示の内容と刺激の語彙によって、観察者の主観的なベクション強度が違うことは報告された。本研究では、刺激の物体的な意味を語彙として取り扱い、物体的な意味が強いほど「物体運動知覚」を引き起こしやすく、ベクション強度が弱くなると考えた。本研究は日常生活で常に物体運動として知覚される車の刺激を用いて、「物体運動知覚」の主観的な強さを段階的に上げ下げさせてベクション強度の変化を検討する。 
(英) Visually induced self-motion perception (vection) refers to a perceptive phenomenon in which a person might feel like himself moving because of visual information even though he is actually stationary. It is considered that vection can be repeatedly switched between "object motion perception" and "environmental movement perception" as a kind of bistable perception. It was also reported that the subjective vection strength could be modulated by experimental instructions and the semantic meaning of stimuli. In this study, we used the physical meaning of the stimulus to indicate semantic meaning and it is thought that the stronger the physical meaning, the easier it is to cause "object motion perception" and the weaker the vection strength. The present study is aimed to examine how vection changes when the subjective strength of "object motion perception" is gradually increased or decreased by using the cars stimuli which are always perceived as object motion in daily life.
キーワード (和) ベクション / 自己運動感覚 / 物体運動知覚 / 環境移動知覚 / 物体的な意味 / / /  
(英) Vection / Self-motion perception / Object motion perception / Environmental movement perception / Physical meaning / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 31, HI2020-61, pp. 9-12, 2020年11月.
資料番号  
発行日 2020-11-20 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI VRPSY  
開催期間 2020-11-27 - 2020-11-28 
開催地(和)  
開催地(英)  
テーマ(和) 視聴覚の基礎と応用、VR心理学、感性情報処理、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VRPSY 
会議コード 2020-11-HI-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 刺激の物体的な意味がベクションに及ぼす効果についての検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of the effect of physical meaning of stimulus on vection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ベクション / Vection  
キーワード(2)(和/英) 自己運動感覚 / Self-motion perception  
キーワード(3)(和/英) 物体運動知覚 / Object motion perception  
キーワード(4)(和/英) 環境移動知覚 / Environmental movement perception  
キーワード(5)(和/英) 物体的な意味 / Physical meaning  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 姜 莫憂 / Moyou Jiang / キョウ ボクユウ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 妹尾 武治 / Takeharu Seno / セノオ タケハル
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) レメイン ジェラード バスチアン / Gerard B. Remijn / レメイン ジェラード バスチアン
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 信次 / Shinji Nakamura / ナカムラ シンジ
第4著者 所属(和/英) 日本福祉大学 (略称: 日本福祉大)
Nihon Fukushi University (略称: Nihon Fukushi Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-27 11:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VRPSY 
資料番号 ITE-HI2020-61 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.31 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2020-11-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会