お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-27 11:35
身体位置知覚における視覚情報の影響の時間特性
寺岡 諒黒田尚輝寺本 渉熊本大
抄録 (和) 一方の手を鏡の裏に隠し,他方の手を鏡面に映すと,鏡面上の手が隠れた手であるかのように錯覚する(ミラー錯覚).このとき,実際の手と鏡面上の手の位置にずれがある状態で錯覚を起こすと,鏡面を隠しても,見えない実際の手によるポインティングは鏡面上の手の位置方向にずれる.本研究ではこの錯覚を利用して視覚情報による手と足の位置知覚の捕捉効果の時間特性を検討した.その結果,錯覚量は手足いずれも全体の約2/3の被験者で時間経過とともに低下する一方(減少群),残りの約1/3は少なくとも90秒間は維持されていた(維持群).また,減少群では手に比べて足の方がより早く錯覚量が減少した.これらの個人差及び身体部位による違いについて,各感覚や先行知識に対する重みづけの観点から議論を行う. 
(英) If one hand is reflected in a one-way mirror positioned along the midsagittal plane while the other hand is hidden behind the mirror, we felt as if the mirror-reflected hand were my hidden hand ("mirror illusion"). The present study investigated the time course of visual information on hand and foot position perception using this mirror illusion. Results showed that the magnitude of illusion decreased with time for about two-thirds of participants regardless of body parts while it maintained for 90 s at least for the rest. For the former group, the decreasing rate was higher in the foot than the hand. We discuss these results from the viewpoint of how much weight individual’s brain assigns to each sensory modality and prior knowledge in different body parts.
キーワード (和) 多感覚相互作用 / 自己受容感覚 / 身体図式 / ミラー錯覚 / / / /  
(英) multisensory interaction / proprioception / body schema / mirror illusion / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 31, HI2020-62, pp. 13-16, 2020年11月.
資料番号  
発行日 2020-11-20 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI VRPSY  
開催期間 2020-11-27 - 2020-11-28 
開催地(和)  
開催地(英)  
テーマ(和) 視聴覚の基礎と応用、VR心理学、感性情報処理、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VRPSY 
会議コード 2020-11-HI-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 身体位置知覚における視覚情報の影響の時間特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Time course of the effect of visual information on body position perception 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多感覚相互作用 / multisensory interaction  
キーワード(2)(和/英) 自己受容感覚 / proprioception  
キーワード(3)(和/英) 身体図式 / body schema  
キーワード(4)(和/英) ミラー錯覚 / mirror illusion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺岡 諒 / Ryo Teraoka / テラオカ リョウ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 尚輝 / Naoki Kuroda / クロダ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺本 渉 / Wataru Teramoto /
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-27 11:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VRPSY 
資料番号 ITE-HI2020-62 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.31 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2020-11-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会