お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-28 11:05
両眼網膜像差が自然画像における大きな奥行きの知覚におよぼす効果
佐藤雅之利光信太郎村上義明玉田靖明北九州市大
抄録 (和) 55インチの有機ELディスプレイに二眼式立体写真を呈示し,両眼網膜像差が自然画像の奥行き感におよぼす効果について検討した.右目と左目に呈示する写真を撮影する際のカメラ間の距離を0~10 cmの範囲で変化させることにより網膜像差量を操作した.被験者は,「自然な奥行きが知覚される」,「奥行き方向に伸びて見える」,「縮んで見える」等の選択肢により,奥行きの印象を評定した.実験結果から,網膜像差の効果は限定的で,カメラ間距離によらず高い確率で「自然な奥行きが知覚される」ことが明らかになった.さらに,2D写真(カメラ間距離0)と3D写真の弁別実験を行ったところ,網膜像差に対する高い感度を示す被験者がいる一方で,両者の見分けがつかない被験者が珍しくないことが明らかになった.両眼網膜像差が自然画像の奥行き感におよぼす効果は,一部の被験者にとっては明らかであるが,個人差が非常に大きいことが明らかになった. 
(英) Effects of binocular disparity on perceived depth in natural images were examined. Stereo photographs were presented on a 55-inch OLED display and the magnitudes of binocular disparity were modulated by changing the inter-camera distances. The observer evaluated the depth impression of the 3D photographs by choosing from alternatives such as “Natural depth is seen”, “Elongated or exaggerated in depth”, and “Compressed or flattened”. The results showed that the effects of binocular disparity were limited and that natural depth was perceived for the most conditions. In the second experiment, abilities to discriminate between 2D and 3D photographs were tested. The results showed that many observers could not tell the difference while some showed high sensitivity to disparity. It appears that the effects of binocular disparity on natural images are limited although those are obvious for some people.
キーワード (和) 奥行き知覚 / 両眼網膜像差 / 自然画像 / 絵画的手がかり / 大きな奥行き / / /  
(英) Depth perception / Binocular disparity / Natural image / Pictorial depth cue / Large depth / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 31, HI2020-76, pp. 65-68, 2020年11月.
資料番号 HI2020-76 
発行日 2020-11-20 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI VRPSY  
開催期間 2020-11-27 - 2020-11-28 
開催地(和)  
開催地(英)  
テーマ(和) 視聴覚の基礎と応用、VR心理学、感性情報処理、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2020-11-HI-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 両眼網膜像差が自然画像における大きな奥行きの知覚におよぼす効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of Binocular Disparity on Perception of Large Depth in Natural Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 奥行き知覚 / Depth perception  
キーワード(2)(和/英) 両眼網膜像差 / Binocular disparity  
キーワード(3)(和/英) 自然画像 / Natural image  
キーワード(4)(和/英) 絵画的手がかり / Pictorial depth cue  
キーワード(5)(和/英) 大きな奥行き / Large depth  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 雅之 / Masayuki Sato / サトウ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: UKK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 利光 信太郎 / Shintaro Toshimitsu / トシミツ シンタロウ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: UKK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 義明 / Yoshiaki Murakami / ムラカミ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: UKK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉田 靖明 / Yasuaki Tamada / タマダ ヤスアキ
第4著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: UKK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-28 11:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2020-76 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.31 
ページ範囲 pp.65-68 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2020-11-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会