お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-28 12:05
色相変化に対する弁別感度と閾上色差知覚感度の違い
伊藤雄謙田代知範山内泰樹山形大)・永井岳大東工大
抄録 (和) 我々は,知覚対象の色差の大きさに伴う色感度特性の変化を明らかにすることを目的として,色相変化に対する色弁別感度と閾上の知覚的色差における感度を心理物理実験により計測した.閾上の知覚的色差の計測では,小色差刺激のみに対する感度と,大色差刺激を含めた全刺激に対する感度をMLDS法により導出した.その結果,色相間における感度の違いは閾上色差の方が顕著であり,さらに,小色差のみの色差感度より大色差を含めた場合の色差感度の方が色相間の違いが顕著であった.また,感度が良い色相は,およそ色カテゴリ境界に対応した.この結果から,知覚対象の色差が大きくなるほど,色カテゴリによる修飾が強くなっていく可能性が示された. 
(英) We psychophysically measured sensitivities of color discrimination and supra-threshold color difference perception along hues in order to elucidate the change in sensitivities due to the amplitude of stimulus color differences. The sensitivities of supra-threshold color differences were estimated using the MLDS method 1) for small color difference stimuli and 2) for all stimuli including larger color differences. The results showed that the sensitivity change along hues were more prominent for the supra-threshold colors than the color discrimination. In addition, the sensitivity change was further more pronounced when estimated for stimuli including large color differences than when estimated only for small color difference stimuli. Finally, the hues with high sensitivities corresponded to approximately the color category boundaries. These results show the possibility that the impacts of color categories on perceptual color differences increases with the magnitude of stimulus color differences.
キーワード (和) 色弁別 / 閾上色差 / Weber-Fechnerの法則 / 心理物理学 / / / /  
(英) Color discrimination / Supra-threshold color difference / Weber-Fechner’s law / Psychophysics / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 31, HI2020-79, pp. 75-78, 2020年11月.
資料番号 HI2020-79 
発行日 2020-11-20 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI VRPSY  
開催期間 2020-11-27 - 2020-11-28 
開催地(和)  
開催地(英)  
テーマ(和) 視聴覚の基礎と応用、VR心理学、感性情報処理、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2020-11-HI-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 色相変化に対する弁別感度と閾上色差知覚感度の違い 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sensitivity differences between color discrimination and supra-threshold color difference along hues. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 色弁別 / Color discrimination  
キーワード(2)(和/英) 閾上色差 / Supra-threshold color difference  
キーワード(3)(和/英) Weber-Fechnerの法則 / Weber-Fechner’s law  
キーワード(4)(和/英) 心理物理学 / Psychophysics  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 雄謙 / Yuken Ito / イトウ ユウケン
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田代 知範 / Tomonori Tashiro / タシロ トモノリ
第2著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 泰樹 / Yasuki Yamauchi / ヤマウチ ヤスキ
第3著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 永井 岳大 / Takehiro Nagai / ナガイ タケヒロ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学工学院 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-28 12:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2020-79 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.31 
ページ範囲 pp.75-78 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2020-11-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会