お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-11-18 14:40
地上放送高度化に対応した高度化STL/TTL伝送方式の検討
島崎智拓松崎敬文中川孝之NHK
抄録 (和) 筆者らは,地上放送高度化方式に対応した Studio to Transmitter Link/Transmitter to Transmitter Link (STL/TTL)の検討を進めている.STL試験装置を試作して性能を評価した結果,遅延時間に課題があることがわかった.課題解決に向けて,LDPC符号に地上放送高度化方式で採用されている高性能なLDPC符号を採用して符号長を短縮,FFTサイズにマルチパス耐性や時変動耐性と伝送容量のバランスが取れる4kポイントを採用してシンボル時間を短縮するなどの見直しを行った.本稿ではそれらの検討内容と,検討結果を反映した伝送方式について報告する. 
(英) We have been studying an advanced studio-to-transmitter link / transmitter-to-transmitter link (STL/TTL) for advanced digital terrestrial television broadcasting. We analyzed the requirements associated with advanced STL/TTL, investigated the basic specifications, and evaluated the performance of the designed prototype STL/TTL system. Consequently, it was found that there were certain challenges associated with the delay time. To address these challenges, we adopted the higher performance and shorter code length LDPC code which is employed for implementing advanced digital terrestrial television broadcasting. Furthermore, we set the FFT size as 4k points FFT, which can balances multipath tolerance, time variability tolerance and transmission capacity. In this paper, we discuss the details of the conducted analyses and describe the transmission system that incorporates the obtained results.
キーワード (和) STL/TTL / 地上放送高度化 / マイクロ波 / OFDM / LDPC / / /  
(英) STL/TTL / Advanced digital terrestrial television broadcasting / Microwave / OFDM / LDPC / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 33, BCT2021-45, pp. 9-14, 2021年11月.
資料番号 BCT2021-45 
発行日 2021-11-11 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEICE-OFT IEICE-OCS IEE-CMN  
開催期間 2021-11-18 - 2021-11-19 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) online 
テーマ(和) 放送システム、CATV、放送素材伝送システム、伝送路符号化、情報源符号化、HDTVおよびUHDTV、放送通信連携、光ファイバ配線敷設・保守運用技術、光ファイバ特性測定、光ファイバ特性解析、光ケーブル・光コード、各種用途光ファイバ、光増幅器・光中継装置、光/電気クロスコネクト・OADM、光/電気多重・分離、光送受信機、光端局装置、ディジタル信号処理・誤り訂正、光通信計測、データコム用光通信機器、光変復調方式、ディジタル信号処理アルゴリズム、コヒーレント光通信、光増幅・中継技術、非線形・偏波技術、空間・可視光伝送、量子通信・暗号化技術、空間分割多重(SDM)伝送技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2021-11-BCT-OFT-OCS-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地上放送高度化に対応した高度化STL/TTL伝送方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Transmission System of Advanced STL/TTL for Advanced Digital Terrestrial Television Broadcasting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) STL/TTL / STL/TTL  
キーワード(2)(和/英) 地上放送高度化 / Advanced digital terrestrial television broadcasting  
キーワード(3)(和/英) マイクロ波 / Microwave  
キーワード(4)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(5)(和/英) LDPC / LDPC  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 島崎 智拓 / Tomohiro Shimazaki / シマザキ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松崎 敬文 / Yoshifumi Matsusaki / マツサキ ヨシフミ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 孝之 / Takayuki Nakagawa / ナカガワ タカユキ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-11-18 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2021-45 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.33 
ページ範囲 pp.9-14 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-BCT-2021-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会