お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
お知らせ 7月4日(月) 21:00-22:00,サーバメンテナンスのためシステムが停止します.
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-11 14:25
地上テレビジョン放送高度化方式の伝送特性評価 ~ FFTサイズによるマルチパス耐性の評価 ~
平林祐紀朝倉慎悟神原浩平岡野正寛斎藤恭一NHK
抄録 (和) 筆者らは,地上テレビジョン放送における4K・8K映像サービスなどの実現に向けて,地上放送高度化方式(以下,高度化方式)の研究開発を進めており,室内実験,実験試験局電波を利用した野外実験等により伝送特性を評価してきた.今回,野外実験で取得したチャネル応答を室内実験で再現し,高度化方式のFFTサイズの違いによる固定受信階層のマルチパス耐性を評価した.実験の結果,高度化方式においてガードインターバル内の遅延波に対するマルチパス耐性はFFTサイズによらず一定であった.また長遅延マルチパスに対しては,FFTサイズが大きいほど有利であった. 
(英) Advanced ISDB-T system has been developed in order to provide next-generation terrestrial broadcasting services such as 4K8K for fixed reception and 2K for mobile reception within single channel. We have been evaluating the transmission performance of Advanced ISDB-T by simulations, laboratory experiments and practical field trials using experimental stations. In this paper, we evaluated the fixed reception performance of Advanced ISDB-T by laboratory experiment in different FFT size with using actual propagation characteristics captured at actual field. The results show that fixed reception performance is not affected by the FFT size for the multipath interference inside the guard interval, and larger FFT size makes smaller degradation with long-delay multipath.
キーワード (和) 地上テレビジョン放送高度化方式 / 固定受信 / 伝送特性 / FFTサイズ / マルチパス / / /  
(英) Advanced ISDB-T / fixed reception / transmission performance / FFT size / multipath / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 11, BCT2022-27, pp. 25-28, 2022年3月.
資料番号 BCT2022-27 
発行日 2022-03-04 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2022-03-11 - 2022-03-11 
開催地(和) オンライン開催へ変更(2022/1/14) 
開催地(英)  
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英) Digital Broadcasting Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2022-03-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地上テレビジョン放送高度化方式の伝送特性評価 
サブタイトル(和) FFTサイズによるマルチパス耐性の評価 
タイトル(英) Transmission Performance Evaluation of an Advanced ISDB-T 
サブタイトル(英) Comparison of the Tolerance against Multipath by FFT sizes 
キーワード(1)(和/英) 地上テレビジョン放送高度化方式 / Advanced ISDB-T  
キーワード(2)(和/英) 固定受信 / fixed reception  
キーワード(3)(和/英) 伝送特性 / transmission performance  
キーワード(4)(和/英) FFTサイズ / FFT size  
キーワード(5)(和/英) マルチパス / multipath  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平林 祐紀 / Yuki Hirabayashi / ヒラバヤシ ユウキ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝倉 慎悟 / Shingo Asakura / アサクラ シンゴ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神原 浩平 / Kohei Kambara / カンバラ コウヘイ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 正寛 / Masahiro Okano / オカノ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 恭一 / Kyoichi Saito / サイトウ キョウイチ
第5著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-11 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2022-27 
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2022-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会