お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-10-18 14:30
顔表示用ライトフィールドディスプレイへの点群表示の導入と主観評価
深野弘一郎清水美里東京農工大)・工藤隆朗由良俊樹村上哲也IMAGICA)・高木康博東京農工大
抄録 (和) われわれは,人の感情や気持ちを伝えることができる将来のオンラインコミュニケーションを実現するため,顔表示に適した近方虚像結像モードを用いたライトフィールドディスプレイを開発してきた.今回は,デプスカメラを用いて比較的リアルな立体像を簡便に合成できる点群表示をライトフィールドディスプレイへ導入した.点群表示を用いた人の顔の立体表示の有効性を確かめるために主観評価実験を行い,「実際に対面している感じがする」,「親近感を感じる」,「ひきつけられる感じがする」,「実在感がある」,「疲労を感じる」,「立体感がある」の評価語に対して3D表示の方が2D表示に対して優位に高い評価値が得られた. 
(英) To realize online communication that can convey emotions and feelings in the future, we have developed a light field display using near virtual-image mode, which is suitable for presenting faces. In this research, we introduced a point cloud to the light field display to synthesize a relatively realistic three-dimensional facial image using a depth camera. A subjective evaluation was conducted and the evaluation terms “feeling like being face-to-face,” “sense of affinity,” “attentiveness,” “sense of being,” “fatigue,” and “stereoscopic sensation” were higher for the three-dimensional images than two-dimensional images with significant differences.
キーワード (和) ライトフィールドディスプレイ / 点群表示 / 表情 / 主観評価実験 / / / /  
(英) Light field display / Point cloud / Facial expression / Subjective evaluation / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 31, 3DMT2022-56, pp. 65-68, 2022年10月.
資料番号 3DMT2022-56 
発行日 2022-10-10 (3DMT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893    Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DMT  
開催期間 2022-10-17 - 2022-10-18 
開催地(和) 宇都宮大学 陽東キャンパス(ハイブリッド開催) 
開催地(英)  
テーマ(和) 立体映像, 立体音響, 高臨場感映像・音響一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DMT 
会議コード 2022-10-3DMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 顔表示用ライトフィールドディスプレイへの点群表示の導入と主観評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptation of point cloud representation to facial light field display and subjective evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ライトフィールドディスプレイ / Light field display  
キーワード(2)(和/英) 点群表示 / Point cloud  
キーワード(3)(和/英) 表情 / Facial expression  
キーワード(4)(和/英) 主観評価実験 / Subjective evaluation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 深野 弘一郎 / Koichiro Fukano / フカノ コウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 美里 / Misato Shimizu / シミズ ミサト
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 隆朗 / Takaaki Kudo / クドウ タカアキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 IMAGICA GROUP (略称: IMAGICA)
IMAGICA GROUP Inc. (略称: IMAGICA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 由良 俊樹 / Toshiki Yura / ユラ トシキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 IMAGICA GROUP (略称: IMAGICA)
IMAGICA GROUP Inc. (略称: IMAGICA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 哲也 / Tetsuya Murakami / ムラカミ テツヤ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 IMAGICA GROUP (略称: IMAGICA)
IMAGICA GROUP Inc. (略称: IMAGICA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 康博 / Yasuhiro Takaki / タカキ ヤスヒロ
第6著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-10-18 14:30:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 3DMT 
資料番号 3DMT2022-56 
巻番号(vol) vol.46 
号番号(no) no.31 
ページ範囲 pp.65-68 
ページ数
発行日 2022-10-10 (3DMT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会