お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SID-JC
(共催)
IDY, IEICE-EID
(連催) [詳細]
2021-07-30
13:30
ONLINE オンライン開催(ZOOM) [依頼講演]ピーク輝度5000nitを超えるHDR液晶ディスプレイに向けた2次元バックライトの開発
秋元 肇山本敦司鷲尾 一中野武俊日亜化学
車載 及 び モニタ ー 、 ノート PC 及 び 携帯端末、 及 び 将来 の ウェアラブル 用途 に 向 け た 、... [more] IDY2021-17
pp.5-8
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
IDY, IEICE-EID, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2020-01-23
13:50
鳥取 鳥取大鳥取キャンパス [ポスター講演]Eu3+付活複合酸化物赤色蛍光体のPL温度特性と電荷移動状態(CTS)の相関性
川島美沙木下 顕早馬拓哉中本広大石垣 雅鳥取大)・國本 崇徳島文理大)・大観光徳鳥取大
Eu3+を付活した複合酸化物赤色蛍光体, Y4Si2O7N2:Eu3+ (YSON), La2O3:Eu3+ (LO),... [more]
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
IDY, IEICE-EID, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2020-01-23
14:00
鳥取 鳥取大鳥取キャンパス [ポスター講演]NH3雰囲気で合成したLaSiO2N:Eu赤色蛍光体の励起・発光特性
木下 顕川島美沙早馬拓哉石垣 雅鳥取大)・國本 崇徳島文理大)・大観光徳鳥取大
赤色蛍光体LaSiO2N:EuをNH3雰囲気で合成した. 合成試料からEu3+特有の赤色発光と近紫外領域にブロードなCT... [more]
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
IDY, IEICE-EID, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2020-01-24
10:05
鳥取 鳥取大鳥取キャンパス [ポスター講演]YAG:Ce蛍光体における遷移金属添加の発光特性に及ぼす影響
有村充生川嶋智寛小南裕子原 和彦静岡大
白色LED用蛍光体として広く受けいれられているYAG:Ce蛍光体に遷移金属を共添加した試料を作製し、発光特性、残光特性に... [more] IDY2020-15
pp.77-80
ME, MMS, HI, AIT
(共催)
IEICE-IE, IEICE-ITS
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-19
11:45
北海道 北海道大学 ヒヨコを用いた色恒常性の研究
竹内 愛石塚雅貴・○鈴木雅洋常磐大)・内川惠二神奈川工科大
人間の色恒常性成立メカニズムを解明するための動物実験について検討した.人間の色恒常性に関するこれまでの研究によると,色恒... [more] MMS2019-12 HI2019-12 ME2019-34 AIT2019-12
pp.75-78
IDY 2017-02-24
14:10
東京 機械振興会館 [招待講演](Ca, Sr)2(Al,Si)5(O,N)8:Eu蛍光体の光劣化改善と高演色白色LEDの実現
楠木常夫菅野正輝阿部守晃デクセリアルズ
我々は珪酸窒化物蛍光体(Ca,Sr)2(Al,Si)5(O,N)8:Euが効率が良く、また、他の窒化物蛍光体のように高圧... [more] IDY2017-20
pp.11-14
SID-JC, IEIJ-SSL
(共催)
IEICE-EID, IDY, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2016-01-29
11:25
富山 富山大学 Eu2+付活アルカリケイ酸塩蛍光体の合成と評価
石川武紀國本 崇徳島文理大)・金 度勲瀬戸孝俊サムスン日本研
Eu2+付活アルカリ・アルカリ土類ケイ酸塩蛍光体Na2Ba6Si4O15:Eu2+およびLi2Ca2Si5O13:Eu2... [more]
IDY, SID-JC
(共催)
IEICE-EID
(連催) [詳細]
2015-07-30
13:25
東京 機械振興会館 目に優しい高輝度TFT-LCDに供せられるバックライトの実現可能性について
村岡哲也内村俊二第一工大)・池田弘明コンサルタント
現行のラップトップPCではエッジライト駆動方式が主流であるが,こうしたバックライトは光量不足のために屋外使用には適さない... [more] IDY2015-32
pp.5-8
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
IEICE-EID, IDY, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2014-01-24
14:02
新潟 新潟大学 駅南キャンパス 気相合成法によるケイ酸塩蛍光体の単結晶作成および構造解析
長谷川翔太金 善旭上松和義石垣 雅戸田健司佐藤峰夫新潟大)・正木孝樹ユン デホ成均館大
SiOガスと粉末(Ba/Sr/Eu混合物)を用いる新しい単結晶育成法である固相—気相ハイブリッド法により,BaSrSiO... [more] IDY2014-4
pp.17-20
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
IEICE-EID, IDY, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2014-01-24
14:10
新潟 新潟大学 駅南キャンパス 白色LED用ガラス蛍光体の合成 ~ 白色LED用ガラス蛍光体の合成 ~
金 善旭長谷川拓哉石垣 雅上松和義佐藤峰夫戸田健司新大
集光炉を用いたメルト法によりEu2+を発光イオンとするRb-Ba-Sc-Si-O系新規ガラス蛍光体を合成し、その発光特性... [more] IDY2014-5
pp.21-24
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
IEICE-EID, IDY, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2014-01-25
09:40
新潟 新潟大学 駅南キャンパス 白色LED用新規ケイ酸塩蛍光体の合成および特性評価
杉本和磨金 善旭上松和義石垣 雅戸田健司佐藤峰夫新潟大
ケイ酸塩を母体結晶とする新規蛍光体,Na2Ca2Si3O9:Eu2+およびNa2Mg5Si12O30:Eu2+の合成を行... [more] IDY2014-12
pp.81-83
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
IEICE-EID, IDY, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2014-01-25
09:48
新潟 新潟大学 駅南キャンパス 白色LED用リン酸塩蛍光体の合成および特性評価
中川博子金 善旭上松和義石垣 雅戸田健司佐藤峰夫新潟大
集光炉を用いたメルト法により新規なEu2+賦活σ-Ba2P2O7蛍光体を合成した.得られた試料はσ-Ba2P2O7が主相... [more] IDY2014-13
pp.85-88
BCT, IEEE-BT
(共催)
2013-10-18
14:30
青森 弘前文化センター IPマルチキャストパケットで制御するアプリケーションとIPDCを用いた放送通信連携システムの開発 ~ ホワイトスペース特区「茶屋町TV」での実証実験報告 ~
濱口 伸齊藤浩史長井展光毎日放送
これからの放送サービスは従来のテレビ受信機だけにとどまらず,テレビ受信機の周りに存在する様々な外部端末に拡大していくこと... [more] BCT2013-98
pp.13-16
AIT, 3DIT, OSJ-HODIC
(共催)
2011-09-09
15:45
千葉 日本大学理工学部船橋キャンパス 位相変調型高精細液晶デバイスを用いたキノフォームとホログラムの動画再生像の比較検討
戸塚真隆佐藤甲癸湘南工科大)・高野邦彦東京都立産技高専)・大木眞琴湘南工科大
現在、カメラの入力実写像(e.g., 262,144 elements in a 512×512 matrix)から50... [more] AIT2011-72 3DIT2011-69
pp.25-28
AIT, 3DIT, OSJ-HODIC
(共催)
2010-09-10
15:45
千葉 日本大学(船橋) LEDを用いた計算機合成ホログラムの光空間伝送と像再生に関する検討
戸塚真隆佐藤甲癸湘南工科大)・高野邦彦東京都立産技高専)・大木眞琴湘南工科大
コンピュータにより合成したホログラムデータを白色LEDで空間伝送し像再生を行うシステムを検討している。既に低速のSSTV... [more] AIT2010-114 3DIT2010-55
pp.25-28
IDY, IEICE-EID
(連催)
2010-07-16
15:25
東京 機械振興会館 SID報告ーOLED照明
菰田卓哉パナソニック電工
SID2010において発表された有機EL(OLED)照明技術の技術動向を解説する。OLEDでは、高効率・高演色性のデバイ... [more] IDY2010-49
pp.33-36
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会