お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 234件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IST 2024-03-27
13:45
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Toward the Super Temporal Resolution: Fundamental Performance of Stone-Circle Image Sensors
T. Goji EtohTakayoshi ShimuraHeiji WatanabeOsaka Univ.)・Taeko AndoRitsumeikan Univ.)・Kohsei TakeharaKindai Univ.
 [more]
IEICE-EID, IDY, IEE-EDD
(連催)
SID-JC, IEIJ-SSL
(共催)
(連催) [詳細]
2024-01-26
10:55
京都 龍谷大学響都ホール校友会館 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]マイクロLEDディスプレイ実現に向けたGaN系RGB LEDのモノリシック集積と微細化に向けた展望
市川修平藤原康文小島一信阪大
 [more]
ME 2023-12-15
11:00
新潟 新潟大学工学部 大会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]Fourier-based Domain Generalization for Liver Segmentation using Multi-Phase CT Images
Swathi AnandaYinhao LiRahul Kumar JainRitsumeikan Univ.)・Yutaro IwamotoOsaka Electro-Communication Univ.)・Xian-Hua HanYamaguchi Univ.)・Lanfen LinHongjie HuZhejiang Univ.)・Yen-Wei ChenRitsumeikan Univ.
 [more] ME2023-104
pp.41-46
IEE-CMN, BCT
(共催)
IEICE-OCS, IEICE-OFT
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2023-11-09
16:20
京都 YIC京都
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
モード分割多重光伝送システムにおけるモード依存損失による適応等化不安定化とその抑圧法
五十嵐浩司阪大
 [more]
IEE-CMN, BCT
(共催)
IEICE-OCS, IEICE-OFT
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2023-11-10
13:00
京都 YIC京都
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
光相関受信器やFIRフィルタを用いた非線形光学効果による信号品質劣化改善効果の検討
高嶋孝樹久保田寛和三好悠司阪公立大
光ファイバ中の光信号伝送では波長分散と非線形光学効果の相互作用の影響で符号間干渉が発生する。また、その影響で信号パターン... [more]
IST 2023-09-15
11:05
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Ge-on-Siストーンサークルイメージセンサ
江藤剛治阪大)・武藤秀樹リンクリサーチ)・澤野憲太郎東京都市大)・渡部平司志村考功阪大)・Edoardo Charbonローザンヌ工大
時間分解能10 ps(1千億枚/秒相当)で連続16枚撮影できるマルチフレーミングイメージセンサを提案する.以下の技術を特... [more] IST2023-35
pp.1-4
IST 2023-09-15
11:45
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
超高時間分解コンピュテーショナルCMOSイメージセンサを用いた深層学習による疑似dToF
吉田道隆学振)・ファム ゴック アンリュウ ドゥシン安富啓太川人祥二香川景一郎静岡大)・長原 一阪大
間接ToF法による距離計測は透明物体や物体間の多重反射により計測誤差が生じるという問題がある.そこで本研究では間接ToF... [more] IST2023-37
pp.9-12
SID-JC
(共催)
IDY, IEICE-EID
(連催) [詳細]
2023-08-04
13:05
ONLINE オンライン開催(ZOOM) [招待講演]モノリシック垂直積層型RGB LEDを用いた小型・超高精細マイクロLEDディスプレイを目指して
藤原康文市川修平ティマーマン ドルフ舘林 潤阪大
 [more] IDY2023-25
pp.1-4
IEICE-ICD, IEICE-SDM
(共催)
IST
(連催) [詳細]
2023-08-03
13:00
北海道 北海道大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]エネルギーの場,コンピューターのカタチ
三浦典之阪大
 [more]
IST 2023-06-21
13:10
東京 東京理科大学森戸記念館 [ポスター講演]プライバシー保護カメラに向けたイメージセンサの設計
中村知樹香川景一郎安富啓太川人祥二静岡大)・長原 一阪大
本研究では,プライバシーを保護するためのイメージセンサを提案し,その基本構成を示す.本イメージセンサは,撮影対象の行動情... [more] IST2023-22
pp.11-12
IDY, SID-JC
(共催)
2023-03-17
15:20
ONLINE オンライン(Zoom) [招待講演]Ag-In-Ga-S/GaSx量子ドットを用いた狭スペクトル幅の緑色EL素子
本村玄一大久 哲NHK)・上松太郎桑畑 進阪大)・亀山達矢鳥本 司名大)・藤崎好英NHK
 [more] IDY2023-20
pp.29-33
3DMT 2023-03-06
15:15
東京 東京農工大学 小金井キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
パララックスバリアを用いた縦横表示可能な3Dディスプレイ
谷口圭吾濱岸五郎吉本佳世髙橋秀也阪公立大
 [more] 3DMT2023-7
pp.25-28
IST 2022-12-12
10:50
静岡 Sanaru Hall [招待講演]Computational lensless imaging by coded optics
Tomoya NakamuraOsaka Univ.
Computational lensless imaging is an imaging technique in wh... [more] IST2022-41
pp.5-9
IST 2022-12-12
14:20
静岡 Sanaru Hall [ポスター講演]点像分布関数設計とUDNを用いたスナップショット空間超解像間接ToFセンシング
河内穂高中村友哉槇原 靖八木康史阪大
Optical time-of-flight (ToF) sensors are widely used as dept... [more] IST2022-44
pp.23-24
IST 2022-12-12
14:20
静岡 Sanaru Hall [ポスター講演]Design of a linkable self-encoding CMOS image sensor for a compact lensless camera with an ultra-wide field of view
Fuki HosokawaKeiichiro KagawaShizuoka Univ.)・Kiyotaka SasagawaJun OhtaNAIST)・Tomoya NakamuraOsaka Univ.
 [more] IST2022-46
pp.27-28
IST 2022-12-12
14:20
静岡 Sanaru Hall [ポスター講演]Random Sequence Modulation of Multiple-Gate of Indirect ToF for Handling Multi-ToF-Camera Interference
Luo WenbinTakafumi IwaguchiKyushu Univ.)・Hajime NagaharaOsaka Univ.)・Ryusuke SagawaAIST)・Hiroshi KawasakiKyushu Univ.
 [more] IST2022-47
pp.29-30
IST 2022-12-12
14:20
静岡 Sanaru Hall Pseudo-direct ToF imaging using a multi-tap macro-pixel CMOS image sensor with oversampled reconstruction
Pham Ngoc AnhThoriq IbrahimKeita YasutomiShoji KawahitoShizuoka Univ.)・Hajime NagaharaOsaka Univ.)・Keiichiro KagawaShizuoka Univ.
A pseudo-dToF imaging method using an iToF image sensor comp... [more] IST2022-48
pp.31-32
IST 2022-12-12
14:20
静岡 Sanaru Hall [ポスター講演][Poster Presentation] Non-invasive non-contact gingival thickness imaging using visible light and near infrared light
Ryotaro MoriKeiichiro KagawaShizuoka Univ.)・Jun TanidaOsaka Univ.)・Chizuko OgataOsaka Dental Univ.
Gingival thickness is important information in periodontal s... [more] IST2022-56
pp.47-48
ME, SIP, TOKAI
(共催)
2022-12-07
10:25
愛知 名古屋工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]敵対的生成ネットワークと超解像技術を用いた高解像度表情顔画像生成のための3つの手法
花野達也立命館大)・瀬尾昌孝阪工大)・陳 延偉立命館大
 [more] ME2022-87 SIP2022-6
pp.5-8
HI, VRPSY, JSKE
(共催)
2022-11-25
15:40
大阪 近畿大学 スクリーン回転角度と「顔らしさ」の交互作用を考慮したオンスクリーン・エージェントの視線補正モデルの構築
谷口 大阪大)・小川浩平名大)・石黒 浩阪大
平面スクリーン上に映し出されるオンスクリーン・エージェントは実世界の人間とインタラクションを行う際に,注視の対象が正しく... [more] HI2022-29
pp.23-26
 234件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会