お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP, IEICE-MVE, VRSJ
(共催)
2020-06-01
14:25
東京 東京大学 工学部2号館 相互反射領域推定法を用いた高速な金属物の検出
住吉信一坂本雄児北大
廃棄物の自動分別処理のため,低コストセンサで高速に金属物を判別する必要がある.
本研究ではプロジェクタカメラを用いて,... [more]

ME, CE, IPSJ-AVM
(共催)
IEICE-IE
(連催) [詳細]
2016-08-08
15:40
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス カラーパターン照明とYCbCr色空間を用いたシーリング剤領域抽出法の提案
荒牧真悟中島翔太田中幹也山口大)・眞田 篤西日本工大
近年,工場の生産ラインにおける外観検査は画像処理により自動化が進んでいる.本研究では自動車に使用されるシーリング剤が適切... [more]
AIT, IIEEJ, AS
(共催)
2014-03-17
11:00
東京 早稲田国際会議場 葉の曲面性を考慮した樹木のレンダリング
笠松卓史新谷幹夫白石路雄東邦大
樹木の3Dモデルは、1ポリゴンで1枚の葉を表現することが多く、形状が平坦であるため鏡面反射が不自然になる。一方、葉を滑ら... [more] AIT2014-66
pp.129-132
AIT, IIEEJ
(共催)
2011-03-11
15:35
東京 東京電機大学 神田キャンパス ポリゴン法CGHにおける鏡面性表面のスムーズシェーディング
西 寛仁松島恭治中原住雄関西大
ポリゴン法を用いて作製した超解像度CGHは、強い奥行き感を感じる完全な3D立体像を再生できる。しかし、従来のレンダリング... [more] AIT2011-33
pp.77-80
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会