映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1〜7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IST 2018-11-28
16:30
東京 東工大田町キャンパス [ポスター講演][Poster Presentation] On a BSI Image Signal Accumulation Sensor of 100 Mfps
Nguyen NgoKazuhiro MorimotoKazuhiro ShimonomuraTakeharu Goji EtohRitsumeikan Univ.
 [more] IST2018-63
pp.9-10
IST 2018-03-09
10:20
東京 NHK 放送技術研究所講堂 究極の時間分解能のイメージセンサを目指してー10 nsから50 psへー
江藤剛治立命館大, 近畿大)・下ノ村和弘立命館大)・竹原幸生近畿大)・犬丸秀夫クレフ)・林 直樹三井 鷹井口昭彦三原 勉アストロデザイン
 [more] IST2018-13
pp.9-12
IST 2017-11-13
15:40
東京 森戸記念館 [招待講演]限界時間分解能の理論に基づく50 psのシリコンイメージセンサの設計
江藤剛治Anh Quang Nguyen立命館大)・鎌倉良成阪大)・下ノ村和弘立命館大
筆者らは光電面の限界時間分解能の式を導いた3).これを空乏化されたシリコン層に適用すると,シリコンイメージセンサの限界時... [more] IST2017-65
pp.23-27
IST 2015-05-08
13:10
東京 東京理科大学 森戸記念館 [ポスター講演]10Gfpsを目指したアバランシェ増倍型超高速撮像素子のシミュレーション解析
南谷夏海阪大)・Dao Vu Truong Son下ノ村和弘江藤剛治立命館大)・鎌倉良成阪大
アバランシェ増倍効果による信号電子の増倍を超高速撮像素子に応用することを目標に、裏面照射型CCDの電荷収集過程に関する数... [more] IST2015-24
pp.1-4
IST 2014-12-01
16:30
東京 Tamachi Campus, Tokyo Institute of Technol [ポスター講演]Analysis of temporal resolution in a backside-illuminated multi-collection-gate image sensor employing Monte Carlo method
Kazuhiro ShimonomuraKotaro KitagawaVu Truong Son DaoTakeharu Goji EtohRitsumeikan Univ.)・Yoshinari KamakuraOsaka Univ.
 [more] IST2014-64
pp.25-26
IST 2011-05-27
11:00
東京 東京理科大学 森戸記念館 A Hybrid CMOS/CCD ISAS (Image Signal Accumulation Sensor) -- Simulations on Technical Feasibility --
Vu Truong Son DaoTakeharu Goji EtohHoang Dung NguyenKohsei TakeharaKinki Univ.)・Masatoshi KuretaMariko SegawaJAEA)・Masatoshi AraiJ-PARC
 [more] IST2011-19
pp.9-12
IST 2010-11-19
15:30
東京 機械振興会館 超高速度CCDのダイナミックレンジ特性改善
新井俊希米内 淳北村和也大竹 浩NHK)・林田哲哉NHKエンジニアリングサービス)・丸山裕孝NHK)・江藤剛治近畿大)・バン クイク ハリーダルサ
 [more] IST2010-66
pp.25-28
 7件中 1〜7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会