お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
3DIT 2020-10-20
13:10
ONLINE オンライン開催 非球面位相板を用いた視覚疲労を低減するヘッドマウントディスプレイの網膜像の評価
飯田涼太東京農工大)・宮島泰史加藤一壽伊藤光学)・高木康博東京農工大
われわれは、以前に、被写界深度(DOF)を向上させる非球面位相板を用いて視覚疲労を低減するヘッドマウントディスプレイ(H... [more] 3DIT2020-24
pp.33-36
HI, VRPSY
(共催)
2017-11-25
10:10
石川 金沢工業大学扇が丘キャンパス 非整合な視覚情報が手の身体図式に与える影響
厲 寒暁岡嶋克典横浜国大
近年VR技術を様々な分野で活用しようという試みがますます活発になってきている。VRの特徴である没入感を活かすことで、非日... [more] HI2017-76
pp.35-38
AIT, IIEEJ, AS, CG-ARTS
(共催)
2017-03-14
13:00
東京 お茶の水女子大学 キャラクターの体型を考慮した重心可視化によるキーポーズ制作支援
小野悠平中村陽介渡辺大地三上浩司東京工科大
3DCGキャラクターモーションの制作において,重心を意識してポーズや動きを付けることは重要である.重心を無視したアニメー... [more] AIT2017-105
pp.213-216
3DIT, IDY, IST
(共催) [詳細]
2016-11-22
15:00
東京 NHK放送技術研究所 2チャンネル視域走査型超多眼ディスプレイの構成方法の提案
石井 拳高木康博東京農工大
両眼に対してフルパララックス超多眼表示するために,われわれは2次元に並んだ視点を両眼に対して発生することのできる2チャン... [more] IST2016-70 IDY2016-45 3DIT2016-36
pp.9-11
3DIT 2014-03-06
13:50
東京 東京農工大学 小金井キャンパス 立体像の快適視差範囲と視機能の個人差
水科晴樹安藤広志NICT
立体映像の飛び出しによる不快感は個人差が大きい.本研究では立体像を快適に観視できる視差範囲の個人差が,視機能の個人差に由... [more] 3DIT2014-23
pp.23-26
3DIT, IDY
(共催)
2013-06-10
14:40
大阪 中央電気倶楽部 無視差臨場画像のスライドショー観察時の視覚評価
夏井伸隆名手久貴石川和夫東京工芸大)・市原 裕三宅信行潮 嘉次郎ニコン
立体画像で現在主流である二眼式立体画像を視聴するとき、不自然な飛び出し立体感や視覚疲労などが問題になっている。本研究では... [more] IDY2013-25 3DIT2013-28
pp.13-16
ME, JSKE
(共催)
2012-10-15
15:15
長野 信州大学上田キャンパスAREC 鉄道車両用シート色が座り心地に与える視覚の影響
後藤泰一郎上條正義吉田宏昭山口穂高信州大)・松本泰幸コイト電工
鉄道車両の内装に対する視覚が鉄両車両シートの快適性を決定する重要な一つの評価因子とされている.そこで,鉄道車両のシート色... [more] ME2012-122
pp.21-22
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会