映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 274件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
3DMT 2024-07-26
09:10
東京 NHK放送技術研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]現実空間とサイバー空間を融合する空間メディア技術の動向と将来展望
山本裕紹宇都宮大
 [more]
IIEEJ, AIT
(共催)
2024-06-05
11:50
東京 東京情報デザイン専門職大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
視覚刺激を用いた擬似触覚による棒形状知覚に関する検討
種市雄太佐藤美恵宇都宮大
 [more]
HI 2024-03-19
09:00
ONLINE オンライン アバタへの移行過程が身体化感覚に及ぼす影響に関する検討
青沼 樹金成 慧佐藤美恵宇都宮大
現在,仮想アバタがさまざまな分野で利用されている.そのうえで重要になってくる感覚が身体化感覚である.しかし,現状でしばし... [more] HI2024-12
pp.1-4
HI 2024-03-19
11:30
ONLINE オンライン アバタへの接触音付加による存在感への影響に関する検討
富永達也今泉翔太冨岡昂成岡部文登金成 慧佐藤美恵宇都宮大
 [more] HI2024-19
pp.27-30
HI 2024-03-19
13:50
ONLINE オンライン ARにおける注視点判定の誤差低減に関する検討
成田和樹齋藤颯太金成 慧佐藤美恵宇都宮大
 [more] HI2024-23
pp.41-44
HI 2024-03-19
14:30
ONLINE オンライン ARにおいて感覚性融像が仮想物体の奥行推定に与える影響に関する検討
内山櫻子齋藤颯太金成 慧佐藤美恵宇都宮大
AR/VRでは,3次元空間でポインタを用いて対象を選択することが多く,ポインタを使用する上で,それ自体の奥行感が重要とな... [more] HI2024-25
pp.48-51
3DMT 2024-03-14
13:40
東京 NHK放送技術研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スリット状の再帰反射素子を用いて対面する両者の前面への空中像表示を可能にする両面表示光学系
西山高瑠兼子颯大郎滝山和晃陶山史朗山本裕紹宇都宮大
2つの光源と2つのスリット状の再帰反射素子を用いたAIRR (Aerial Imaging by Retro-Refle... [more] 3DMT2024-6
pp.21-24
3DMT 2024-03-14
14:00
東京 NHK放送技術研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スリット状の再帰反射材を利用した薄型空中ディスプレイにおける スクロール表示の提案と視野角拡大のための定式化
田﨑大智宇都宮大)・辻 明典徳島大)・時本豊太郎宇都宮大,XAiX,LLC)・陶山史朗山本裕紹宇都宮大
 [more] 3DMT2024-7
pp.25-28
3DMT 2024-03-14
14:20
東京 NHK放送技術研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
回転楕円体上に顔に似た文字を投影した空中像によるホロウマスク錯視誘発の起因解明
渡邊拓巳高塚大輝陶山史朗山本裕紹宇都宮大
 [more] 3DMT2024-8
pp.29-32
3DMT 2024-03-14
14:40
東京 NHK放送技術研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
AIRRを用いた水中ディスプレイにおける水中像について近軸近似により求められる結像距離の評価
市川諒介高塚大輝岩根 透陶山史朗山本裕紹宇都宮大
水中ディスプレイにより形成される水中像の結像距離の見通しの良い理論式を近軸近似により導出し,実測値との評価を行い,誤差は... [more] 3DMT2024-9
pp.33-36
AIT, IIEEJ, AS, CG-ARTS
(共催)
2024-03-05
13:30
東京 東京工科大学 八王子キャンパス VR空間での読書における疲労感の出現に関する検討
西田聖梧金成 慧佐藤美恵宇都宮大
教育分野ではバーチャルリアリティ(virtual reality(VR))技術を用いた教材が開発されている.VRを用いる... [more] AIT2024-74
pp.149-152
AIT, IIEEJ, AS, CG-ARTS
(共催)
2024-03-05
13:42
東京 東京工科大学 八王子キャンパス 身体の印象変化による重さ錯覚と動作速度及び筋電位の関係についての検討
村岡丈一郎村石雄世冨岡昂成佐藤美恵宇都宮大)・橋本直己電通大
仮想空間 におけるアバタの外見がユーザの行動や自己表現に影響を与えるプロテウス効果に関する研究において,重さ知覚とアバ... [more] AIT2024-75
pp.153-156
HI, VRPSY, ASJ-H
(共催)
IEICE-HIP
(連催) [詳細]
2024-02-22
15:10
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 仮想空間上での物体振動による距離知覚の支援に関する検討
齋藤颯太金成 慧佐藤美恵宇都宮大
本研究では,仮想空間における奥行推定の精度向上を目的として,先行研究の結果を基に物体を動かすことによる奥行推定のための手... [more] HI2024-3
pp.10-14
HI, VRPSY, ASJ-H
(共催)
IEICE-HIP
(連催) [詳細]
2024-02-23
11:20
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 仮想把持に有効な視覚フィードバックに関する検討
今泉翔太金成 慧佐藤美恵宇都宮大
仮想物体を掴む際に指の色や物体の色を変える視覚フィードバック手法は,圧力を感じられるため好まれやすいが,タスクパフォーマ... [more] HI2024-6
pp.25-30
ME 2024-02-10
11:00
ONLINE オンライン開催 VRにおける視覚刺激と温度刺激が温度感覚へ与える影響
清水美羽佐藤美恵金成 慧宇都宮大
 [more] ME2024-5
pp.16-19
ME 2024-02-10
11:15
ONLINE オンライン開催 アバタの異形度と身体所有感の誘導に必要なタスク負荷に関する検討
岡部文登金成 慧佐藤美恵宇都宮大
VRでは人間以外のアバタを使用し,現実ではできない体験をすることができる.しかし,アバタの異形性が高くなるほどユーザの身... [more] ME2024-6
pp.20-23
ME 2024-02-10
11:30
ONLINE オンライン開催 アバタ変身時の腕の運動軌跡強調による重さ錯覚に関する検討
冨岡昂成宇都宮大)・橋本直己電通大)・佐藤美恵宇都宮大
視覚情報によって重さ感覚に変化を与える方法として実際の動きとは異なって見える,動作差異を生み出す運動軌跡強調モデルを提案... [more] ME2024-7
pp.24-27
ME 2024-02-10
15:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]フェムト秒レーザー励起による体積映像描画
熊谷幸汰宇都宮大
 [more] ME2024-16
p.55
ME 2023-12-14
13:30
新潟 新潟大学工学部 大会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
印象変化による重さ錯覚における"1+3"人称視点の提案
村石雄世宇都宮大)・橋本直己電通大)・佐藤美恵宇都宮大
アバタと一体化する方式として,1人称視点からのアバタの操作性とアバタの身体を観察可能な3人称視点の利点を兼ね備えた"1+... [more] ME2023-95
pp.5-8
ME 2023-12-14
14:30
新潟 新潟大学工学部 大会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ARを用いた腕への強い印象を与える視覚的エフェクト表示による重さ錯覚に関する検討
武山和樹宇都宮大)・橋本直己電通大)・佐藤美恵宇都宮大
本研究は,拡張現実(Augmented Reality)による視覚的エフェクト表示により腕の印象を変化させた際に,視覚的... [more] ME2023-97
pp.13-16
 274件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会