お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AIT, IIEEJ, AS, CG-ARTS
(共催)
2021-03-08
13:30
ONLINE オンライン開催 3次元姿勢推定を用いた反復練習動画の効率的な視聴システム
平栗義久井尻 敬芝浦工大
 [more] AIT2021-79
pp.177-180
AIT, IIEEJ, AS, CG-ARTS
(共催)
2021-03-08
13:30
ONLINE オンライン開催 局所パターン編集の可能な離散要素テクスチャ合成
上田翔太井尻 敬芝浦工大
離散要素テクスチャ合成とは,離散的に分布する要素により構成されるテクスチャを合成する手法のことである.これまで多くの離散... [more] AIT2021-80
pp.181-182
ME 2021-02-27
15:55
  オンライン開催 遠隔授業におけるアバター利用が受講者の意識に与える影響
杉森隼也芝浦工大・院)・真鍋寿奈中村広幸芝浦工大
コロナ禍のなか,多くの大学で遠隔授業が実施されている.遠隔授業では「勉学意欲の維持」「コミュニケーション機会の減少」「プ... [more] ME2021-50
pp.79-82
IEICE-IE, IEICE-ITS
(共催)
MMS, ME, AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2021-02-18
15:40
ONLINE オンライン開催 人体骨格情報を用いた所持品検出手法
中島祥貴上岡英史ファン スアン タン芝浦工大
 [more]
IEICE-EID, IEICE-SDM
(共催)
IDY
(連催) [詳細]
2020-12-02
13:40
京都 龍谷大学 響都ホール 校友会館 粒子配向用チタン酸バリウム単結晶微粒子の合成
山﨑美沙山口正樹芝浦工大
 [more]
IEICE-OFT, IEE-CMN
(共催)
BCT, IEICE-OCS
(連催) [詳細]
2020-11-12
13:20
ONLINE オンライン開催 [招待講演]傾斜利用BOCDRの最新展開
李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大)・水野洋輔横浜国大
(事前公開アブストラクト) 我々は、ブリルアン散乱を用いた分布型光ファイバセンサの機能進化を推進している。特に、光ファイ... [more]
IEICE-OFT, IEE-CMN
(共催)
BCT, IEICE-OCS
(連催) [詳細]
2020-11-13
15:20
ONLINE オンライン開催 符号化PSP-BOTDRによる光ファイバシングルエンドのセンチメートルオーダの分解能を持つブリルアン計測の実用化
岸田欣増西口憲一グジク アーター李 哲賢ニューブレクス)・堀口常雄芝浦工大)・小山田弥平茨城大
(事前公開アブストラクト) 光ファイバのブリルアン計測の原理の発明から約三十年を経て、すでに技術は商用化され分解能や精度... [more]
HI, 3DIT
(共催)
2020-03-11
14:50
東京 工学院大学新宿キャンパス
(開催中止)
自己の身体提示によるVR酔いへの影響
三浦直樹芝浦工大/産総研)・氏家弘裕産総研/芝浦工大)・大倉典子木村昌臣芝浦工大/産総研
本研究はVR映像での自己身体提示によるVR酔いへの影響の検証を目的とし,実験ではVR空間を移動する映像を提示した.提示し... [more] HI2020-55 3DIT2020-6
pp.19-22
SIP, ME
(共催)
2019-11-15
09:45
熊本 崇城大学 メインキャンパス ろう者の手話緊急メッセージ読み取りにおける文章理解の方略
品田紗弥花芝浦工大)・筒口 拳崇城大)・米村俊一芝浦工大
映像情報地震などの大規模災害が発生した場合,手話を母語とするろう者向けに映像通信を用いて情報伝達できる方法が求められてい... [more] ME2019-126
pp.41-46
SIP, ME
(共催)
2019-11-15
10:10
熊本 崇城大学 メインキャンパス 視線計測を用いた手話初学者の学習方略の分析
猪岡 翔芝浦工大)・筒口 拳崇城大)・米村俊一芝浦工大
初学者が手話を習得する場合,手話教室やテレビで手話を学習する.特に,手話教室では学習教材として書籍などのイラスト画像や手... [more] ME2019-127
pp.47-52
AIT, IIEEJ, AS, CG-ARTS
(共催)
2019-03-12
11:15
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 物体領域の内部および輪郭のブラー効果による奥行き知覚の変化
亀井亮汰スリーピァン ピーラヤー井尻 敬芝浦工大
2次元画像中の物体の奥行きを知覚する要因は,遠近法,色,コントラスト,ブラー効果など様々である.本研究では,2次元画像内... [more] AIT2019-118
pp.239-242
AIT, IIEEJ, AS, CG-ARTS
(共催)
2019-03-12
14:00
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 高速度カメラを用いた内野手の守備動作解析
酒井美喜雄新野大輔井尻 敬芝浦工大
スポーツでは,肉眼による詳細な確認が困難な素早い動きが多く存在するため,その練習支援に高速度カメラが活用されている.本研... [more] AIT2019-133
pp.295-298
ME, MMS, HI, AIT
(共催)
IEICE-IE, IEICE-ITS
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-20
15:30
北海道 北海道大学 [招待講演]IoT Cloud-based Services for a Safer Home Automated System
Lamine SalhiTaku YamazakiTakumi MiyoshiYoshihiro NiitsuShibaura Inst. Tech.
 [more] MMS2019-22 HI2019-22 ME2019-44 AIT2019-22
pp.239-244
ENT 2018-09-29
15:15
東京 芝浦工業大学 [基調講演]場を可視化するエスノグラフィによるメディア利用の調査 ~ 情報技術と人間の相互作用による共進化 ~
平田貞代芝浦工大
 [more] ENT2018-14
pp.17-22
ME, CE, IPSJ-AVM
(共催)
IEICE-IE
(連催) [詳細]
2015-08-03
11:20
東京 首都大(南大沢キャンパス) 動画を用いた顔認証における認証時間間隔に関する検討
大関和夫青山亮太平川 豊芝浦工大
 [more]
AIT, IIEEJ, AS
(共催)
2015-03-14
14:45
東京 早稲田国際会議場 画像特徴が平均顔に及ぼす影響についての考察
佐藤清次産技短_尼崎)・桒谷周吾大関和夫芝浦工大
平均顔は2人の顔の形状とテクスチャをともに物理的に1/2に編集・加工するものだが、実際には、1/2になっていない事例があ... [more] AIT2015-72
pp.131-132
IEICE-OCS, IEICE-OFT
(共催)
BCT, IEE-CMN
(連催) [詳細]
2014-11-13
15:15
広島 NHK広島放送局 分布ラマン、ハイブリッドラマン増幅のパッシブ光アクセス網への適用
加島宜雄芝浦工大
 [more]
AIT, ME
(共催)
IEICE-IE
(連催) [詳細]
2014-11-07
11:10
鹿児島 鹿児島大学 自動抽出特徴点を用いた顔認証の検討
大関和夫高塚雅広梶原正明平川 豊芝浦工大)・佐藤清次産技短_尼崎
顔部品の特徴点を自動検出し,その座標値から得られる評価関数により,顔認証を試みた.特徴点の検出には,Milborrowの... [more] ME2014-101 AIT2014-120
pp.57-62
HI, IEICE-MVE, VRSJ, HI-SIG-VR
(連催)
2013-06-25
14:30
東京 東京大学 山上会館 ARを用いた「かわいい」大きさの評価
山崎陽介大倉典子芝浦工大
21 世紀に入り,人工物の感性価値の重要性が認識されている.しかし「かわいい」という感性価値についての研究はあまり多くな... [more]
ME, IEE-CMN
(連催)
IEICE-EMM, IEICE-IE, IEICE-LOIS
(共催)
(連催) [詳細]
2012-08-27
16:15
山口 山口大学吉田キャンパス 電子透かしに対するインバージョンアタックの考察と丸め演算による対策
大関和夫魏 遠玉倉木真生平川 豊芝浦工大)・佐藤清次産技短
 [more]
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会