お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IST 2021-10-21
10:10
ONLINE オンライン開催 フォトンカウンティングの実現に向けた電荷増倍型結晶セレン膜と画素並列A/D変換回路を集積したCMOSイメージセンサ
後藤正英為村成亨NHK
光子を1つ1つ検出可能なフォトンカウンティングの実現を目指して,画素並列でA/D変換を行うCMOS回路上に,高効率な結晶... [more] IST2021-50
pp.9-12
BCT, KYUSHU, IEEE-BT, IEEE-AP-S-FUKUOKA
(共催)
2020-01-23
14:10
鹿児島 宝山ホール(鹿児島市山下町5-3) 広帯域平面型Magic-Tを用いた周波数可変バランの設計
北村卓也田中高行豊田一彦佐賀大
我々は,Magic-Tと1/4波長マイクロストリップ線路のみで構成した平面型バランとこれを応用した可変移相バラン,可変減... [more] BCT2020-4
pp.13-16
BCT, KYUSHU, IEEE-AP-S-FUKUOKA
(共催)
2019-01-25
11:00
福岡 九州産業大 平面型Magic-Tを用いたバランの基礎検討と可変移相バランへの応用
北村卓也田中高行豊田一彦佐賀大
本稿では,Magic-Tを用いた新しい平面型バランとこれを応用した可変移相バランを提案する.提案するバランは,平面型Ma... [more] BCT2019-14
pp.59-62
IST 2016-03-11
11:15
東京 NHK技研講堂 高感度・広ダイナミックレンジを実現する電荷増倍型のAPD-CMOSイメージセンサ
薄田 学坂田祐輔山平征二春日繁孝森 三佳廣瀬 裕加藤剛久田中 毅パナソニックAIS
微弱な光により発生する光電子をアバランシェ増倍して出力する,電荷増倍型のCMOSイメージセンサを開発した.本イメージセン... [more] IST2016-11
pp.17-20
IST 2015-05-08
13:10
東京 東京理科大学 森戸記念館 [ポスター講演]10Gfpsを目指したアバランシェ増倍型超高速撮像素子のシミュレーション解析
南谷夏海阪大)・Dao Vu Truong Son下ノ村和弘江藤剛治立命館大)・鎌倉良成阪大
アバランシェ増倍効果による信号電子の増倍を超高速撮像素子に応用することを目標に、裏面照射型CCDの電荷収集過程に関する数... [more] IST2015-24
pp.1-4
AIT, IIEEJ, AS
(共催)
2013-03-15
16:50
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 バランス保持機能を有する仮想キャラクタモデルを用いた柔道初心者練習システムの開発
劉 仁君高橋時市郎森谷友昭東京電機大
柔道では,相手のバランスを崩してから体勢を立て直すまでの瞬く間に投げ技をかければ,相手を簡単に投げることができる.しかし... [more] AIT2013-116
pp.261-264
BCT 2011-02-25
14:40
静岡 かんぽの宿 伊豆高原 RGB直接符号化の量子化制御による主観画質改善
鈴木一樹戸口貴裕角田孝之杉山賢二成蹊大
動画像フォーマットとしてフレーム単位でR,G,Bを切り替えるシーケンシャルカラー方式が提案されている。これは非圧縮情報量... [more] BCT2011-33
pp.15-18
BCT, HOKKAIDO, IEEE-BT
(共催)
2009-07-30
13:00
北海道 北海道大学 カラーマトリックスコレクター装置の開発
龍口健二牧野雅哉瀬戸 誠NHK)・須川兼好橋本 厳SVE
番組制作において異なるメーカーのカメラを混用すると,ブラックバランス,ホワイトバランス,ガンマなどの一般的な調整手法では... [more] BCT2009-59
pp.1-4
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会