お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
3DIT 2021-03-08
10:40
  オンライン開催 画像表示用液晶パネルと同一仕様の液晶パネルをアクティブパララックスバリアとして用いた3Dディスプレイの視域拡大手法
西村大生濱岸五郎吉本佳世阪市大)・草深 薫京セラ)・髙橋秀也阪市大
アクティブパララックスバリアの低コスト化実現のため,画像表示用液晶パネルと同一仕様の液晶パネルをアクティブパララックスバ... [more] 3DIT2021-5
pp.17-20
BCT, IEEE-BT
(共催)
2019-02-22
09:25
静岡 かんぽの宿 焼津 家庭におけるテレビ観視状況の分析
八木伸行東京都市大)・伊藤泰宏藤澤秀一NHKエンジニアリングシステム
家庭におけるテレビの観視距離と,その周辺条件についての調査を行った.アンケート調査をベースにしつつも,調査法を工夫するこ... [more] BCT2019-35
pp.49-52
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
IEICE-EID, IDY, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2018-01-26
10:45
静岡 静岡大学 浜松キャンパス ぼけEdge-based DFD表示における観察距離と面間距離の拡大
長尾勇佑水科晴樹陶山史朗徳島大
遠距離観察可能なEdge-based DFD表示の実現を目指し,10 m級の観察距離と1.5 m級の面間距離に拡大した場... [more] IDY2018-6
pp.77-80
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
IEICE-EID, IDY, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2018-01-26
11:05
静岡 静岡大学 浜松キャンパス Non-overlapped DFD表示方式における遠距離観察による奥行き知覚特性の改善
高野瑠衣陶山史朗水科晴樹徳島大
Non-overlapped DFD(Depth-fused 3D)表示方式において,10 m級の遠距離観察の場合でも奥... [more] IDY2018-8
pp.85-88
3DIT 2017-03-07
14:40
東京 東京農工大学 小金井キャンパス 曲面知覚の観察距離依存性に関する研究
青島初帆佐藤俊治電通大
円筒状に湾曲した実物体と,実物体と同様の水平視差を設けたランダムドットステレオグラム(RDS)の曲面や奥行知覚の違いを調... [more] 3DIT2017-5
pp.17-20
BCT, IEEE-BT
(共催) [詳細]
2017-02-23
13:15
愛知 かんぽの宿 知多美浜 4K・8K時代のテレビのユーザインタフェース
笹山綾香小嶋仁美久富 彩・○八木伸行東京都市大
4K,8K放送が本格的に始まろうとしている.しかしながら,家庭では,最適観視距離には届かない距離でテレビを見ているケース... [more] BCT2017-23
pp.1-4
3DIT 2014-03-06
13:50
東京 東京農工大学 小金井キャンパス 立体像の快適視差範囲と視機能の個人差
水科晴樹安藤広志NICT
立体映像の飛び出しによる不快感は個人差が大きい.本研究では立体像を快適に観視できる視差範囲の個人差が,視機能の個人差に由... [more] 3DIT2014-23
pp.23-26
IDY, HI, 3DIT
(共催)
SID-JC
(共催)
IEICE-EID, IEE-OQD
(連催) [詳細]
2013-10-28
13:10
東京 機械振興会館 好まれる視距離の空間解像度による差異
江本正喜菅原正幸NHK
従来のTVシステムにおいては,好まれる視距離は空間解像度や映像内容による違いは小さいとされ てきた.しかし,近年研究開発... [more] IDY2013-49 HI2013-59 3DIT2013-49
pp.1-4
ME, AIT, HI
(共催)
IEICE-IE, IEICE-ITS
(共催)
(連催) [詳細]
2012-02-21
15:40
北海道 北海道大学 スーパーハイビジョン85インチLCDを用いた好ましい視距離と臨場感・実物感の主観評価
日下部裕一正岡顕一郎近藤いさお西田幸博菅原正幸NHK
我々は,次世代のテレビ方式として,ハイビジョンの16 倍の画素(7680 × 4320 画素)を持つスーパーハイビジョン... [more] HI2012-24 ME2012-62 AIT2012-24
pp.245-250
3DIT, IDY, IST
(共催)
2010-10-22
09:00
東京 NHK放送技術研究所 ホログラフィックディスプレイにおける視域の最大化
栗原貴之横内理人高木康博東京農工大
従来の電子的なホログラムの表示手法では,ホログラムのすべての点で同一の角度範囲に光が回折されるため,再生像の一部しか観察... [more] IST2010-48 IDY2010-59 3DIT2010-62
pp.1-4
HI, CE
(共催)
IEICE-HIP
(連催) [詳細]
2010-10-15
09:00
宮城 東北大通研 モルフォロジカルに生成されたテクスチャの判別に対する統計的解析 ~ 視距離・遠近順・性別・先験知識の影響 ~
李 亮浅野 晃広島大)・○浅野(村木) 千恵安田女子大)・岡嶋克典横浜国大
この論文では,モルフォロジカルな手法によって人工的に生成されたテクスチャに対する視覚的判別にお
いて,視距離などの条件... [more]

AIT, 3DIT, OSJ-HODIC
(共催)
2009-09-04
15:20
千葉 日本大学理工学部(船橋) 水平走査型ホログラフィーにおけるホログラム計算法
岡田直也高木康博東京農工大
われわれは,以前の研究で,画面サイズと視域角の拡大を可能にするために,多数の要素ホログラムを連続的に表示するホログラム表... [more] AIT2009-88 3DIT2009-54
pp.17-20
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会