論文

論文の投稿

論文の投稿は下記URLからご投稿下さい。

【投稿用URL】
http://mc.manuscriptcentral.com/itej

【投稿システム操作マニュアル】
https://mc.manuscriptcentral.com/societyimages/kyo-demo-a/AuthorManual_Kyorin.pdf


執筆の手引き


特集論文募集

会誌の特集に掲載する論文を募集しています。
現在募集中の課題は下記の通りです。詳しくはそれぞれの募集要項をご覧下さい。

 映像制作・CG・立体表示などに関する技術は,これを取り巻く映像表現・芸術科学の進歩とともに,VRや映画やゲーム,インターネットショッピング,各種データの可視化など産業として大きく発展を遂げ,今後の進化に期待は高まるばかりです.特に,近年では奥行き画像が民生機でも取得可能となり,また,VR用HMDが家庭に普及し始めるなど,高度なCG応用技術が常に身の回りに存在し,生活に欠かせない技術となりつつあります.
 これら映像表現・芸術科学に関して,毎年3月に「映像表現・芸術科学フォーラム」が当学会・画像電子学会・芸術科学会・CG-ARTS協会とで共催されており,映像制作,CG,立体表示等に関する興味深い報告が多数なされています.そこで本会誌編集委員会では,画像電子学会,芸術科学会の御協力のもと「映像表現・芸術科学フォーラム2020」に関する論文を中心に2021年3月号に特集を企画することになりました.関連する論文ならびに研究速報を下記の要領で募集致しますので,奮ってご投稿下さい.なお,募集テーマとして下記の項目をあげておりますが,それに限定されるものではありません.また,フォーラム講演のみに限定するものではなく,以下の募集テーマに沿った内容であれば、受け付けています.

【募集テーマ】
「映像制作・CG・立体表示など映像表現・芸術科学に関する研究」
(1)幾何形状モデリング
(2)フォトリアリスティック・レンダリング
(3)ノン・フォトリアリスティック・レンダリング
(4)アニメーション
(5)インタラクティブ・コンピュータグラフィックス
(6)コンピュータグラフィックス・ハードウエア
(7)コンピューテーショナル・フォトグラフィ
(8)CG応用(可視化,芸術,医療,工業,教育.福祉,放送,エンタテインメント,CAD,VR,立体視CG,インターネットなど)
(9)「映像表現・芸術科学フォーラム2020」での発表に関するもの
(10)その他、映像表現、芸術科学に関係する周囲技術

【投稿締切日】
<論文・フィールド論文・研究速報> 
2020年6月30日(火)

【特集号編集委員会】
委員長  向井信彦(東京都市大学)
編集委員 IT研究会幹事およびフォーラム委員で構成

映像情報メディア学会とSID(The Society for Information Display)が主催するディスプレイに関する国際会議「IDW’19 -The 26th International Display Workshops -」が、2019年11月27日(水)~11月29日(金)の3日間、北海道 札幌市・札幌コンベンションセンターで開催されます。
これを機に映像情報メディア学会論文委員会では、和文論文誌(ITEJ)2020年11月号、英語論文誌(MTA)2020年10月号に「ディスプレイ~IDW’19を中心に~」と題し、論文特集を企画することにいたしました。
つきましては、掲載論文を以下の要領で募集しますので、奮ってご投稿ください。今回は主に「IDW’19」で発表されたものに基づいた論文を期待しておりますが、それ以外にも「IDW’19」で取り上げている分野に関連する論文も受け付けます.
 また、当学会論文誌は2012年1月から完全オンラインジャーナル化され、掲載論文は会員・非会員を問わず閲読可能となり(オープンアクセス化)、今まで以上により多くの方の目に触れることとなります。なお、2015年4月から動画像を論文中に含めることが可能となり、研究の成果を、読者により分かりやすく伝えられるようになりました。
皆様のご投稿を心よりお待ちしております。

【募集テーマ】
(1) IDW’19で発表された内容に基づいた論文
(※IDWでのご発表に結果や考察などをプラスαした内容として頂けますようお願い致します)
(2) IDW’19で扱われた分野の材料・デバイス・周辺システム等の論文

【投稿締切日】※締切延長
<論文・フィールド論文>2020年2月28日(金) → 2020年3月27日(金)
<研究速報>2020年4月30日(木)

【投稿原稿の取扱い】
*投稿原稿は、英語と日本語のどちらでご執筆いただいても構いません。
英語論文は英語論文誌(MTA)・日本語論文は和文論文誌(ITEJ)に掲載となるため、論文投稿サイトが異なることをお含み置きください。査読等は各論文誌の投稿規程に従います

*論文投稿サイトのURLをはじめ、論文作成用スタイルファイル、投稿規程・ご執筆の手引きなど、ご投稿に関する詳細は下掲の各論文誌ホームページにてご確認をお願い致します

■和文論文誌(ITEJ) :http://www.ite.or.jp/content/paper/
■英語論文誌(MTA):https://www.ite.or.jp/content/mta/

【特集号編集委員会構成】
編集委員長:木村宗弘(長岡技術科学大学)
副編集委員長:都築俊満(NHK)

【お問い合わせ先】
(一社)映像情報メディア学会 事務局(ronbun@ite.or.jp)


和文論文編集委員会構成

委員長
篠田浩一(東京工業大学)

副委員長
瀧口吉郎(NHK) 藤井俊彰(名古屋大学)

委員
青木啓史(NEC)
池辺将之(北海道大学)
石井利樹(日立)
石鍋隆宏(東北大)
市橋保之(情報通信研究機構)
川本潤一郎(NHK)
久保尋之(東海大学)
河本健一郎(川崎医療福祉大)
京田文人(シリコンスタジオ株式会社)
齊藤一幸(千葉大学)
下ノ村和弘(立命館大学)
高橋桂太(名古屋大学)
田中賢一(長崎総合科学大学)
外山 史(宇都宮大学)
長尾慈郎(NTT)
三上 弾(NTT)
水科晴樹(徳島大学)
三ッ峰秀樹(NHK)
室井哲彦(NHK)
吉森聖貴(日本文理大学)