論文

論文の投稿

論文の投稿は下記URLからご投稿下さい。

【投稿用URL】
http://mc.manuscriptcentral.com/itej

【投稿システム操作マニュアル】
https://mc.manuscriptcentral.com/societyimages/kyo-demo-a/AuthorManual_Kyorin.pdf


執筆の手引き


オンラインジャーナル最新号の掲載論文


特集論文募集

会誌の特集に掲載する論文を募集しています。
現在募集中の課題は下記の通りです。詳しくはそれぞれの募集要項をご覧下さい。

 映像情報メディア学会とSID(The Society for Information Display)が主催するディスプレイに関する国際会議「IDW’21 -The 28th International Display Workshops -」が、2021年12月1日(水)~12月3日(金)の3日間、オンラインにて開催されます。
これを機に映像情報メディア学会論文委員会では、和文論文誌(ITEJ)2022年11月号、英語論文誌(MTA)2022年10月号に「ディスプレイ~IDW’21を中心に~」と題し、論文特集を企画することにいたしました。
つきましては、掲載論文を以下の要領で募集しますので、奮ってご投稿ください。今回は主に「IDW’21」で発表されたものに基づいた論文を期待しておりますが、それ以外にも「IDW’21」で取り上げている分野に関連する論文も受け付けます。
 また、当学会論文誌は2012年1月から完全オンラインジャーナル化され、掲載論文は会員・非会員を問わず閲読可能となり(フリーアクセス化)、今まで以上により多くの方の目に触れることとなります。なお、2015年4月から動画像を論文中に含めることが可能となり、研究の成果を、読者により分かりやすく伝えられるようになりました。
皆様のご投稿を心よりお待ちしております。

1.募集テーマ 「ディスプレイ」に関する技術全般
(1) IDW’21で発表された内容に基づいた論文
(2) IDW’21で扱われた分野の材料・デバイス・周辺システム等の論文
-募集論文種別-
■和文論文誌(ITEJ):論文・フィールド論文・研究速報      
■英語論文誌(MTA):Paper     

2.投稿締切日
■和文論文誌(ITEJ)
<論文・フィールド論文>2022年3月 1日(火)
<研究速報>      2022年4月22日(金)
■英語論文誌(MTA)    2022年3月 1日(火)

3.掲 載 号 
和文論文誌(ITEJ) 2022年11月号  
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/itej/-char/ja/
英語論文誌(MTA) 2021年10月号
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/mta

4.投稿原稿の取扱い 
投稿原稿は、英語と日本語のどちらでご執筆いただいても構いません。
英語論文は英語論文誌(MTA)・日本語論文は和文論文誌(ITEJ)に掲載となるた
め、論文のご投先が異なることをお含み置きください。査読等は各論文誌の投
稿規程に従います

5.投稿手続き 
論文投稿サイトURLや論文作成用スタイルファイル、投稿規程・手引きなど、
ご投稿に関する詳細は下記の映像情報メディア学会HPにてご確認をお願い致し
ます
■和文論文誌(ITEJ) :http://www.ite.or.jp/content/paper/
■英語論文誌(MTA) :http://www.ite.or.jp/content/mta/

6.お問い合わせ先 (一社)映像情報メディア学会 事務局
〒105-0011 港区芝公園3-5-8 機械振興会館内
TEL 03-3432-4677  FAX 03-3432-4675  e-mail:ronbun@ite.or.jp


和文論文編集委員会構成

委員長
藤井俊彰(名古屋大学)

副委員長
三ッ峰秀樹(NHK) 安藤慎吾(NTT)

委員
青木啓史(NEC)
秋田純一(金沢大学)
圓道知博(長岡技術科学大学)
大竹 充(横浜国立大学)
河村 圭(KDDI総合研究所)
川本潤一郎(NHK)
京田文人(シリコンスタジオ株式会社)
久保尋之(東海大学)
櫻井将人(静岡理工科大学)
杉田純一(東京医療保健大学)
孫 泳青(NTT)
高橋桂太(名古屋大学)
田中賢一(長崎総合科学大学)
玉田靖明(北九州市立大学)
筒井 弘(北海道大学)
德田 崇(東京工業大学)
外山 史(宇都宮大学)
中村篤志(静岡大学)
室井哲彦(NHK)
本村玄一(NHK)
山田一人(法政大学)
吉森聖貴(日本文理大学)
渡邊 修(拓殖大学)